ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチド

ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドは略してNMNと言われます。どのようなものか、どういった特徴があるか、ご説明致しましょう。ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドは、糖尿病の治療薬として、マウス実験で取り上げられたのが最初です。マウスに見られた変化は肝機能の回復、体毛の増毛等、良いことずくめだったようです。

元々、ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチド(NMN)は、人の身体の中にあるナイアシンというビタミンB3もので体の中にNADに変化して、身体機能を保つ役割を果たしていますが、年齢が高くなると作られなくなるのです。そこで、ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチド(NMN)を新たに投与すれば、若返りも夢ではないと言う仮説ができたわけです。

マウスにニコチンアミド・モノ・ヌクレオチド(NMN)を投与してDNAを調べたところ、放射能等で傷ついたDNAが回復し、たった一週間で老齢のマウスの細胞が若いマウスのそれと変わらないくらいに回復しました。こうした結果から、ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチド(NMN)は若返りの薬として注目を浴びメディアでも取り上げられるようになりました。この若返りこそ、ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチド(NMN)の最大の特徴です。

当サイトはこうしたニコチンアミド・モノ・ヌクレオチド(NMN)に関する皆様のお役に立つ情報をお伝えいたします。NMNのサプリメントについて、ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチド(NMN)のメリット、デメリットについてです。ご興味のある皆様は、ご参考になさってください。